皆様、こんにちは。

昨年度のような甚大な損害をもたらした豪雪とまではいきませんが、やはり、今年の日本海側の冬も大雪が降りましたね。さて、今月は金沢市にお住いの安部さんのご登場です。(原稿は既に1月に頂いておりました。どうぞ、ご覧ください。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ご無沙汰しております。旧姓田村、安部香織です。

私はその後、新潟から、西宮、倉敷と転居し、結局また日本海側の金沢に戻り、そこで取り敢えず永住することになりました。
やはり日本海の魅力?が私を離さなかったのでしょうか。

一時期夫が名古屋に異動になったとき、ダウン症である下の子を受け容れてくれる保育園がなかなか見つからず、当時金沢の社宅近くの保育園が、急ぎ快く受け容れてくれたことが、その後金沢で居を構えるきっかけになったと思います。

ただ、実家の親が倒れた時の帰省路はつくづく遠いと感じました。親の近くに居ることの大切さを改めて痛感した次第です。
それでも、冬の積雪以外、金沢はとてもよい所です。

お酒の席での冗談ですが、どうしようもなくなった時、金沢の人は乞食に、富山の人は強盗に、福井の人は詐欺師になる、と言われます。よくある県民性にまつわるざれ言ですが、初めて聞いた時も肌感で確かにそうだろうな、と面白く感じました。

それにしても光陰矢の如しで、物忘れや小さなけが、心身各所の故障発生も日常茶飯事の今日この頃です。

最近は文章を書くことも少なくなり拙い報告になりましたが、皆様にはこれからも健康安全第一に、どうぞお元気でお過ごしください。

2022年1月 安部(旧姓田村)香織

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

安部さん、ありがとうございました。私は旅行だけですが、金沢はとても素敵な町だと思いました。新幹線も東京~金沢の路線もありますので、気軽に出かけられるようになったら、訪れてみたいですね。そして、今年、安部さんから、年賀状を頂いた時に思ったのですが、印刷されていた、お子さん達のお名前が、とっても素敵で、名前って、親御さんからお子さんへの、最初の最高のプレゼントなんだなぁと実感させて貰いました。

さて、来月以降のご寄稿予定の方々のご紹介です。

3月  17回生 土屋(旧姓 塚原)芳美さん
4月  25回生 笠原(旧姓 橋本)文子さん
5月  25回生 傳川 紀子さん
6月 Allan Smollen先生
7月 佐々木 充先生(昭和51年~昭和55年ご勤務。そして「無有斎随筆」というブログでご近況を書かれているそうです)
8月 27回生 樋口(旧姓 解良)育美さん
9月 34回生で交渉依頼中
10月 6回生 成田(旧姓 田中)靖子さん
11月 12回生 糀(旧姓 西端)康子さん
12月 20回生 谷(旧姓 前田)ひろみさん
1月  岡村 仁一先生(平成9年~平成12年ご勤務)です。

きらりシュリンプ人に関しましてのご意見、ご要望、ご感想、この方のインタビューを聞きたい、ご紹介したいというのがございましたら、シュリンプクラブ広報事務局kentanshrimp@gmail.comまでお寄せ下さい。また、突然のインタビューを依頼するかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。
では、また24日にお会い致しましょう。 シュリンプクラブ広報事務局 16回生 渡部敦子