皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。私たちの学び舎、県立新潟女子短期大学というと、ついローカルな新潟県出身の方々が多いのだろうと考えがちでございますが、2回生の方々には遠方から、この新潟の地にいらして下さった方々がいらっしゃいました。今月はその中のお一人、加藤(旧姓 桑田)富美子さんのお話を伺いたいと思います。原稿をとても美しい筆跡で頂きました。ホームページ上でそちらをご覧いただけないのが、少々残念でございます。では、加藤さんです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

思い起こせば卒業してからすでに52年の歳月が経過しておりました。(原稿を依頼したのが、昨年10月で翌11月にこちらの原稿を頂きました。)この原稿の御依頼をお引き受けしていなければ、こんな思いに浸ることはなかったでしょう。今でも短大時代の友人との交流が有り、在学2年間は私にとって、とても大切な人生の1コマです。卒業してから一度、友人に会う為に新潟に行きました。見る物全てが懐かしく写り、当時の思い出が甦り、楽しく貴重な時間を過ごしました。
在学中の2年間の往来は帰省の時だけ、四国と関西の友人と大阪まで共にしました。当時は大阪から日本海回りで、かなり時間を費やしました。今はいろんなルートが選べて便利になりました。
さて私ですが、現在は子育ても無事終わり、主人と二人で田舎暮らしを楽しんでいます。お茶、英会話、太極拳の稽古を楽しんで過ごしています。又、庭のガーデニングにも精出していますが最近は少々足腰に負担が掛かり、程々にしています。
健康で生活出来る喜びを感じているこの頃です。新型コロナウィルスが早く収束され平穏な日常が戻ります様に祈っています。
霜月 広島から

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨年の11月はまた、新型コロナウィルスが第3期とも言える猛威を奮った時でもございます。平穏な日常の有難さをしみじみ感じますね。加藤さん、ありがとうございました。また加藤さんには昨年師走にアップ致しました福山特派員便りにも資料をご提供頂きました。そちらもどうぞ、ご覧下さい。素敵なまちですよ。

さて、このきらりシュリンプ人は毎月24日に更新しております。
きらりシュリンプ人に関しましてのご意見、ご要望、ご感想、この方のインタビューを聞きたい、ご紹介したいというのがございましたら、シュリンプクラブ広報事務局kentanshrimp@gmail.comまでお寄せ下さい。また、突然のインタビューを依頼するかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。
では、また24日にお会い致しましょう。 シュリンプクラブ広報事務局 16回生 渡部敦子

来月以降のご寄稿をご快諾下さった方々です。
 9月 31回生 横山(旧姓 曽我)景子さん
10月 10回生 倉掛(旧姓 河谷)美智子さん
11月 24回生 石井(旧姓 近藤)智子さん
12月 33回生 白井(旧姓 坂井)美喜さん
1月   4回生 五十嵐 柳子さん
2月  14回生 安部(旧姓 田村)香織さん
3月  17回生 土屋(旧姓 塚原)芳美さん
4月  25回生 笠原(旧姓 橋本)文子さん
5月  25回生 傳川 紀子さん
6月 Allan Smollen先生
7月 佐々木 充先生(昭和51年~昭和55年ご勤務。そして「無有斎随筆」というブログでご近況を書かれているそうです)
です。お楽しみに。