皆様、こんにちは。今年度を締めくくる今月のご登場は20回生の谷(旧姓 前田)ひろみさんです。谷さんに、この原稿を依頼する時も、何の伝手も無かったので、平成9年にかざし会員全員に配布された、あの赤い名簿を頼りにドキドキしながら、お電話をさせて頂きました。
お断りの嵐が多い中、谷さんは温かく、ご快諾下さいました。(本当に嬉しかったです。)また、更に谷さんは、ご近所に英文科出身の素敵な方がいらっしゃるとも、ご当人をご紹介もして下さりました。まさか、有名なその方も県短英文科ご出身とは思ってもみませんでした。(私の前々任校でも、実はお世話になっていた。)そのような、人と人のご縁を結んで下さる谷さんの原稿です。どうぞご覧くださいませ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

県短を卒業して

今から約37年前の当時高校3年生で進路に迷っていた時、教員をしていた叔父さんに英語を勉強したいのなら県短がいいのでは?と薦められてそのまま何も考えずに受験・合格しそのまま入学しました。

漠然と英語が少しでも出来たら外国の人が何を考えているか知ることが出来るし、コミュニケーションできたら色々と世界が広がるような気がして県短に入学しました。

しかしながら、今思い出せるのは毎日家と短大の往復で1日が終わり、しかもたった2年の間に授業がぎっしり詰まっていたので、常にバタバタしている間にあっという間に卒業となりました。

1番の思い出は、教職を選択していたので、短大近くの大形中学校へ教育実習で1週間ほどお世話になったことです。本当につたない(今思い出すと赤面するような)授業だったにもかかわらず最終日には受け持ったクラスの生徒達がたくさんお手紙をくれて、目がウルウルしたのを覚えてます。(実習終わってからも暫くお手紙をくれた子もいました・・・これは貴重な経験でした❕)

2番目の(忘れられないくらい辛かった)思い出は、松木先生の体育の授業で長野県・北アルプスの夏登山(3泊4日位)へ夏休みに参加すれば単位をくれると言うので、また何も考えずに参加したのですが、まあ自分の考えの甘さに1日目で後悔したものでした(涙)。。。重い寝袋・テント用品・着替え・食料・食器・水などを担いで細い山道とまだ雪の残る絶壁みたいなところを歩き、もう疲れて足元しか視界に入らない感じでしたが、たまに顔を上げると素晴らしい景色が目に入ってきて、夜の星空も素晴らしかったです。
この登山も忘れられない貴重な思い出となっております。しかし、雪は残っているとはいえ真夏だったので、みんなで山の沢からちょろちょろ流れてくる雪解け水がとっても美味しいのでがぶがぶ飲んで下山したら、翌日からお腹を壊して丸1日苦しんだのも、今となっては思い出です。

短大を卒業後、就職・結婚・出産・子育てと目まぐるしく過ぎてあっという間にこの年です。
現在は新潟市西蒲区にあるスチール製家具メーカーの(株)足立製作所という会社にお世話になってもう18年です。MADE IN JAPANを武器に収納家具からキッチン用品や日用品まであらゆる方面から皆様のより良い暮らしのサポートをしております。よろしかったら一度覗いてみてください。

http://adachi-factory.com
https://www.rakuten.co.jp/three-s-s-s/

あの懐かしく貴重な体験を与えてくれた短大と、自由で楽しかった学生気分を本当に久しぶりに思い出す機会を与えてくれたかざし会役員の方々に心より感謝いたします。

★(株)足立製作所の売れ筋商品の1例です★

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

谷さん、ありがとうございました。やっぱり体育の松木先生の思い出は、どの回生の方々にも深く印象に残っていますよね。当時は厳しい!と思いましたが、今日の土台を作ってくれたのは、松木先生を始め、県短の先生方だと感謝しております。

昔を振り返ったところで、皆様もどうぞ、来年度もよいお年をお迎え下さいませ。
来月以降のご寄稿者の予定です。

1月  岡村 仁一先生(1997年4月~2000年3月ご勤務)
2月  28回生 大野(旧姓 太田)安記さん
3月   8回生 広川(旧姓 大野)純子さん
4月 22回生さんからお願いします。(依頼中です)
5月 (最終回) 生田省吾先生(1978年10月~1981年3月ご勤務)です。お楽しみに。
↑6月以降は毎月24日更新のホームページの内容検討中でございます。(「私の趣味・仕事」と地域を紹介する「特派員便り」は随時、絶賛募集中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。)
きらりシュリンプ人に関しましてのご意見、ご要望、ご感想、この方のインタビューを聞きたい、ご紹介したいというのがございましたら、シュリンプクラブ広報事務局kentanshrimp@gmail.comまでお寄せ下さい。また、突然のインタビューを依頼するかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。
では、また24日にお会い致しましょう。 シュリンプクラブ広報事務局 16回生 渡部敦子