ようやく日差しも春めいて参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今月も先月の島田一子さんに引き続き、7回生の長岡あゆさんにお話しを伺いたいと思います。私も同級生と会うたびに出る話題は「ウチら、英文科を出ても、自分の言いたいことを英語で表現できないよね。」です。先に長岡さんの原稿を拝読して、その同級生達との会話が思い浮かびました。では、長岡さんの近況です。どうぞ。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

皆様、こんにちは。

私は7回生の長岡(旧姓外川)あゆと申します。県短を卒業してなんと半世紀近くになります。学生時代を振り返ってみると、私はあまり勉強熱心な学生ではありませんでした。お恥ずかしい話ですが、勉強の思い出よりも在籍していた美術部の合宿で長野に行ったことや絵画展を開いたこと、また同時に演劇部にも所属して、他大学の方々と県民会館で上演したことなどが鮮明に思い出されます。

そんな私は現在子供たちに英語を教えています。転機は夫の転勤で米国に住むことになったことです。この時は英文科を出ながらろくに英語が使えない自分が情けなく、学生時代の不勉強を大いに後悔しました。当時アメリカは外国人には寛容な国だったように思います。教会や公民館などでは無料のESLクラスを受けることができました。そうしたESLクラスを経て、コミュニテイ―カレッジに4年程在籍し英語やアメリカ史、心理学などを学びました。人生で一番勉強した時期かもしれません。かけがえのない友人もできました。

今でもメールやカードを交換しあっています。アメリカには6年いました。素敵な思い出ばかりです。それだけに最近毎日のように報じられる分断社会の現状には心を痛めています。

帰国して自宅で英語教室を始めてから今年で27年になります。同時にアメリカで学んだ心理学を続けたくて放送大学に編入し心理資格をとりました。その資格を生かして7年前から教室に入れない生徒のための別室支援員として市内の小学校に週3回通っています。英語教室と小学校では時間の流れ方は異なりますが、真剣に子供たちに向き合い、寄り添うことに違いはありません。そして子供たちから学ぶことも多く、こうして仕事をさせてもらっていることに感謝する毎日です。

これだけ長く生きていると語りつくせないほどいろいろなことがありました。しかし、なんといってもこのコロナ禍は想像すらしなかったことです。英語教室ではオンラインレッスンを行ったり、小学校では分散登校などを経験しました。世の中がガラッと変わる時代を生きているのだと実感しています。一つの価値観にとらわれず柔軟な生き方をしなければいけないと思った次第です。

横浜 イギリス館にて
ピアノの前にいらっしゃる方が長岡さんです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

長岡さん、ありがとうございました。実は私、新潟市内の中学校で英語の講師をしており、特別支援学級の担任でもあります。中学校で色々な事情を抱えている子ども達に接する度に、早期の専門知識を持ったサポートがあれば、この生徒達は、随分と生きやすいんだろうなぁと感じております。地域や家庭での繋がりが薄くなってきていると言われている今、長岡さんのように心理資格を持った方が子ども達を支えて下さること、とてもありがたいと感じました。長岡さん、お体をご自愛頂きながら、末永くお願いしたいと思います。

さて、来月以降のご寄稿頂く方々のご紹介です。

4月       石附 麻奈さん
5月  21回生 小林 まどかさん
6月  15回生 阿部(旧姓 松田)知子さん
7月  18回生 小林(旧姓 飯田)美代子さん
8月  31回生 横山(旧姓 曽我)景子さん
9月  2回生  加藤(旧姓 桑田)富美子さん(福山特派員便りに資料をご提供下さいました。)
10月 交渉中
11月 24回生 石井(旧姓 近藤)智子さん
12月 33回生 白井(旧姓 坂井)美喜さん
1月  4回生  五十嵐 柳子さん
2月  14回生 安部(旧姓 田村)香織さんです。 

きらりシュリンプ人に関しましてのご意見、ご要望、ご感想、この方のインタビューを聞きたい、ご紹介したいというのがございましたら、シュリンプクラブ広報事務局kentanshrimp@gmail.comまでお寄せ下さい。また、突然のインタビューを依頼するかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。
では、また24日にお会い致しましょう。 シュリンプクラブ広報事務局 16回生 渡部敦子